前へ
次へ

家族葬で弔意を伝達する手段

家族葬は、故人の近親者などだけで挙行する少ない人数の葬式です。
その結果親しかった人である場合にも、招かれていない限り参列すべきではないと言えます。
その上家族葬は香典などを受けない確率が高いです。
香典を受け取るとお返しの必要が生じるので、無理に香典を送る行為はエチケット違反です。
一方呼ばれなかったにも関わらず、弔意を伝達するやり方があります。
はっきりと香典などが断られているケースには、送ることはできません。
そういった時、価格の分からない花を送ることが可能だと言えます。
高額でない花であれば、手にする遺族にとって負担にならずに済むことになります。
故人の希望している家族葬では、挨拶や香典などで遺族が負荷が生じないようにしたいとの故人のリクエストによって執り行われるものです。
招かれていない人も香典を送って弔意を伝えたいと考えるかもしれませんが、故人の意向に敬意を表することがエチケットといえます。

Page Top