前へ
次へ

家族葬に定義はないこと

実際のところ家族葬にはこうしなければならない、こうでないと家族葬ではないというような定義があるわけではないです。
つまりは、明確な定義はないわけであり、自由に行って良いことではあると言えるでしょう。
おおよその場合家族とそのわずかな周辺の友人を含めた少人数でのお葬式の場合にそう言われることが多いです。
家族葬というのはやるものとしては基本的に一般の葬儀と大して変わらないわけですが少人数になりますので一人一人の時間を長くすることができる、ということが多いです。
お焼香とかは大人数ですとそれこそ流れ作業のようにやらなければならないということになりますが、家族葬であればそういう事に時間的な制限というのがほとんどなくなるというわけです。
多くの人に、ということも悪いことではないですが確実に家族のみ、或はそれに加えて極親しかった人のみ、とすることによって、より濃密な別れの儀式とすることができるかの可能性があるわけです。

Page Top