前へ
次へ

家族葬は柔軟性のある葬儀

自分の近くの近しい方が永眠すると、遺族は葬儀に向けて急いで調整、事前準備に回らねばなりません。
しかも、葬儀がスタートすると参列している方々への挨拶などが慌ただしくて、お別れの時を感じ取ることなく、時間がすぐさま過ぎ去るのが実状といえます。
こういったことを克服して、お別れの時を有意義に演出することをベースとした葬儀のスタイルが家族葬になります。
家族葬の特色としては、基本的に家族のみで小さい規模の葬儀を行なってお別れの時をしめやかに行います。
形式も意向に沿っていろいろな様式を採り入れることができ、故人が好きだった歌を演奏したり、または思い出について語り合います。
家族葬には以上のように意図して規模を限定することで、自由がきく状況を整え、お別れを落ち着いたスタイルで進めます。
遺族からしても親族のみが集まって緊張が解けたムードで行えることもあり高い評価を得ている葬儀の形であると言えるでしょう。

Page Top