前へ
次へ

家族葬には色々なところに

家族葬だからといって、特に普通の葬儀と違うということはありませんのでそれは心配することではないです。
それこそ一般の葬儀と基本的な流れは同じということになります。
必ずしも仏式というわけではないですが、仏式であれば葬儀の後に告別式を行って、そして最後に火葬となるわけです。
少人数で行うことができるようになりますから、費用面において少しは安く行うことができるようになります。
そして、一人一人想いを反映させることがかなりできるようになります。
つまりは、オンリーワンという葬儀を行うことができるようになります。
ちなみに家族葬だから本当に家族だけ行うのか、というとそうでもなく、普通に友人を呼ぶこともあります。
葬儀自体の流れに関することは違いがあるわけではありませんから、特にそのほかのことで悩むこともないでしょう。
特別な葬式感を出すこともやり方次第では難しくない、ということが魅力の一つであることは確かといえるでしょう。

Page Top